ホーム > 導入事例 > 対話AIの導入事例 > AI販売員が来店されたお客様のテレビ製品選びや購入をサポート。マルチテナントを活かしたAI接客サービスを展開

AI販売員が来店されたお客様のテレビ製品選びや購入をサポート。マルチテナントを活かしたAI接客サービスを展開

ハイセンスジャパン株式会社様

家電量販店の販売スタッフとお客様の会話をAIが再現

お客様の住環境や用途に応じて、AI販売員が分かりやすくテレビ選びをご案内します。

ハイセンステレビが持つ独自機能や特徴を詳細に学習しており、お客様の購入検討に必要な情報を提供すると同時に、店舗の販売員がより効率的に接客を行うためのツールとしても活用できます。

広範囲にアクセスポイントを設置して、接客機会ロスを低減

お客様は販売コーナーに設置されたタブレットやQRコード読み取りにより、AIによる接客を体験できます。マルチテナント仕様を活かして、全国の家電量販店を対象に多くのアクセスポイントを設置。お客様対応をAIが代行することで接客機会を逃しません。

専用タブレットからアクセス

一部の家電量販店において、ハイセンステレビコーナーへ専用のタブレットを設置しています。タブレット画面を通して、AIアバターによる音声対話サービスが利用できます。

QRコード読み取りからのアクセス

POP等に表示されたQRコードを読み取ることで、お客様自身のスマートフォンにて音声対話、またはテキストチャットによるAI接客が利用できます。

ハイセンスの画面

関連記事

観光センターJTB導入事例

周辺の観光スポットや交通アクセスを多言語音声で自動案内。お客様対応の効率化とインバウンド対策も兼ねた、対話AIサービスによる実証試験を開始

中央区観光情報センター入口付近に32型タブレットを設置(画像右端) 実証試験実施の概要 観光案内所運営事業を展開している株式会社JTBコミュニケーションデザイン(以下、JCD)主催にて、顧客ニーズの変化に応じた新しい取組として本実証試験を行い、そのシステム設計をビーモーション株式会社が支援しています。 本サービスは、多数の観光案内所運営実績を持つJCDでの運営知見、対面でのご案内ノウハウをシステム設計に生かしカスタマイズしたサービスです。JCDのノウハウを生かし、地域に合わせた独自のカスタマイズをディレクションさせていただきます。 周辺の観光情報をAIが対話形式にご案内 本サービスは生成AIとGoogleマップ情報を活用した対話プログラムにより、お客様が興味ある観光スポットや、現地からの交通アクセスをAIアバターが音声でご案内します。例えば観光先が具体的に決まっていない場合でも、「おすすめの名所はありますか?」と聞けばアバターが気になるジャンルや目的を問いかけして、お客様の希望に沿った場所の案内を行います。 対話の様子 多言語対応、外部サイト連携を活用 外国人旅行者の多い観光案内所では、多言語(英語)での音声対応は案内所スタッフの業務支援にもつながります。また多くの情報をGoogleマップの基本情報や口コミを活用することにより、広範囲での情報提供を可能にしました。 株式会社JTBコミュニケーションデザインについて 多様化する旅行者・生活者のニーズやスタイルの変化に応じて、観光案内施設は年々進化を遂げている中で、対面での接客に加え、AIを活用した非対面・非接触での案内のニーズが高まっております。今回の実証試験の結果を通じて、地域のニーズに合わせた導入支援をさせていただきます。 観光案内所等の公共施設での多言語対話AIサービス導入について、ご興味またはご検討されている方は下記宛先までお気軽にお問合せください。 また、観光案内所に関する事業設計(調査)・開設準備・開設・運営まで一貫してトータルプロデュースを支援させていただきます。是非お声がけください。 株式会社JTBコミュニケーションデザインWebサイト:https://www.jtbcom.co.jp/ お問合せ先 エリアマネジメント(観光案内所での多言語対話AIサービス導入等)に関連するお問合せ 株式会社JTBコミュニケーションデザイン エリアマネジメント部 交流推進第一事業局 担当:小田山・芝田 TEL:03-5657-0697(平日10:00-18:00) メール:aminfo@jtbcom.co.jp システム単体に関するお問い合わせ ビーモーション株式会社 マーケティング部 担当:淺野 TEL:03-5979-7100 メール:k.asano@bemotion.co.jp