採用情報

トップ > サービスの事例 > 職種別事例 > 専任営業 > 外資系IT企業【パソコン・周辺機器:L】
サービスの事例[職種別事例]

外資系IT企業【パソコン・周辺機器:L】

専任営業(ストア コミュニケーター)の効率的配置と独自の営業施策で市場占有率が3%から10%へ拡大

事例を検索する

課題

  • 競合に比べて営業人員のマンパワーが少なく、店舗カバレッジが低いと共に展示での環境整備が不十分だった
  • 一人当たりの営業員が担当する店舗数が多いため、店舗施策の落とし込みに時間がかかり販売機会の損失が起きていた
  • アメリカ本社からの指示により社員を増やすことができなかったため、アウトソーシングを活用する必要があった

Be Motionによる施策

施策

  • 営業代行
    ・専任営業(ストア コミュニケーター:SC)を導入し、委託元社員を増やさずに現場営業力を強化した
    ・店舗法人ごとにSCを配置、効率的に店舗訪問ができるように改善を行った
    ・店舗法人別に販売目標を設定し実績追求を行った
    ・全国での主要販売店で製品勉強会や店頭販促策を実施した
  • その他
    ・営業活動共有サイト(セールス ブリッジ)を導入し営業効率を上げた

施策に対する成果は?

成果

  • 全国主要販売店で製品認知度が向上した
  • 弊社サービス導入後、市場占有率3%から10%まで拡大
  • 人件費(固定費)を上げることなく、売上を拡大することができた

事例を検索する