採用情報

トップ > サービスの事例 > 課題別事例 > コンプライアンス > 外資系IT企業【パソコン・周辺機器:I】
サービスの事例

外資系IT企業【パソコン・周辺機器:I】

管理型営業(スーパーバイザー)の配置で適切なコンプライアンス体制の構築を実現

事例を検索する

課題

  • コンプライアンス上不適切な請負体制をアメリカ本社から指摘され、信頼できる営業・販売のアウトソーシング先を必要としていた

Be Motionによる施策

施策

  • 正しい請負体制を実施するために、監督者として管理型営業(スーパーバイザー)を配置し全国で活動する専任営業(ストア コミュニケーター)に向けた業務指示を行う窓口を一本化した

施策に対する成果は?

成果

  • 正しい請負体制を確立することができ、アメリカ本社にも承認を得ることができた
  • 委託元とビーモーションの窓口を一本化することでお互いの役割が明確になり、効率の良い営業活動を行う事が可能となった

事例を検索する